1. HOME >
  2. ホンマルラジオ東京Happyステーション:パーソナリティ一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンマルラジオ東京Happyステーション:パーソナリティ一覧(1名)

パーソナリティ紹介

こんにちわ!
私の名前、漢字が難しいですが、「いずみ ひな」と読みます。
子供大好き、子供対象に公演する時は平仮名の
「いずみ ひな」で活動しています。
Facebookでは、ひらがな名です。

ちなみに、オリジナル健康落語をする時は、卵々(らんらん)。
あ、申し遅れましたが、主に女優やってますが、
女優という名の自由。

人からも「自由な人だね〜」とよく言われます。
自分の良さは楽しむことだと思ってます。
全国色々な場所で活動しています。

1998年から一人芝居もライフワークに
していまして、そこから気づく事で
今に至るわけなんですが、

健康落語をしている理由は、
お医者様を始め、健康に気遣う方々との
ご縁が増えてくる事により、
困っている方々を助けられると思った事。

子供対象に活動もしているのは、
ご両親とのご縁ができる事で、
今起きているお子様に対する問題を
知れる事。
あるお母様が、息子さんの事で困っていると
お聞きしました。
その子と二人芝居をしました。
演劇はどんな人物にもなれて、どんな世界へも
行けて、どんな夢も叶えられる。
演劇を使って色んな方の輝きを見出せる
のではないかと思ってから、
救いたいという気持ちではなく、
様々な心のひだに気づくために20人以上の方と
二人芝居を実現してきました。

映画代表作の「愛のレシピ〜卵ランド〜」は、
 TBS水曜のダウンタウンでも紹介されました。

1人28役をやった映画ですが、
何役もこなしていると気づくことがあります。
これまでには、悪役などもいくつも演りました。
でも役を否定したら演じられないんです。
もちろん自分が嫌いという演技もあります。
ただ、全てを含めて役を愛することが
出来なければ存在価値が見出せなくなります。

それを経験して行くと
世の中、人間観察が楽しくなります。
どんな苦手な人に出会っても
その人を演じようと思うと
苦手なんて言ってられないんです。
どうにかして良さを見つけて行くと
とってもいい人で、自分にとって
大切な存在だったりします。

その感激を伝えていきたいと思っています。

長くなりましたが、
女優というのは、苦難を栄養にして行く
職業だと思っています。
落語もそうです。
人生の失敗こそが
ネタになって行くのです。

Happyは涙の中に〜。
私は、2036年までに哀しみを
癒やす劇場を作りたいと思っています。

その劇場作りを多くの方に
見守っていただきたいと思い
ラジオを務める事を決意しました。

ラジオを通じて皆様の輝きを広める
活動して自分が作る劇場の栄養に
なることを学びながら、
劇場作りを自分の力だけでなく
皆様の真心も含めた完成になれば
と思っています!

世界の人口、77億人。
ひとかたまりに集まれば
世田谷区がいっぱいになるくらいの
小さな範囲。
でも手(羽)を繋げば
地球を200周以上も出来てしまう。
Happyしましょ!

聞いてくださった皆様とも
繋がっていけることを
楽しみにしています。
宜しくお願い致します。

女優・和泉 妃夏(いずみ ひな) ホンマルラジオ東京Happyステーション代表

pagetop