1. HOME >
  2. Dr.まみの Life’s Delicious Moments❤️ >
  3. Dr.まみのLife's Delicious Moments❤️【第78回】死者と共に生きる vol.2 愛する人の死にゆく過程とその瞬間。ドキュメンタリー映画 「いきたひ」長谷川ひろ子監督
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/03/10【東京☆】Dr.まみのLife's Delicious Moments❤️【第78回】死者と共に生きる vol.2 愛する人の死にゆく過程とその瞬間。ドキュメンタリー映画 「いきたひ」長谷川ひろ子監督

番組を聴く 一時停止

いのちの美しさを輝かせるDr.まみが「生死」をテーマに
そのいのちの本質、その美しさをゲストと共に語り、味わい、分かち愛❤️
そんなデリシャスモーメントをリスナーの皆様と一緒に堪能するこの番組。

第78回目、待望の特別ゲストは再来、
看取りをテーマにしたドキュメンタリー映画
「いきたひ」の監督 長谷川ひろ子さん。

前回は死に向かって生きていく、
その過程のお話をメインにしていただいた。

Dr.まみのLife's Delicious Moments❤️【第75回】
死者と共に生きる vol.1 今をどう生きてどう死んでいくか。

看取りのドキュメンタリー映画 「いきたひ」長谷川ひろ子監督
http://honmaru-radio.com/drmami0075/

死んでいく人間と
見届け生き残っていく人間との
事実の受容に対するずれ。

当時、夫の寿命宣告を誰にも言わず
一人で抱えていたひろこさん。

そんなひろ子さんにとって
今だからわかる
愛する人の喪失を受け入れていく際に
これをしておくと助かったこととは?

助けて〜!とさけべる場所
泣ける、吐き出せる場所。

頑張ってきた強気な人ほど
一人でまた頑張って抱えがちだ。

Dr.まみにとって
一番よかったこととは「レイキヒーリング」

最期は結局人工的なものではなく
人の温もりが伝わること自体が癒しになる。

人は最期に
何を目にして
何を耳にして
何を肌に感じ
死んでいくのか?

あなたの大事な人の目に
あなたは最期に何を見せるのか?

あなたの愛する人の耳に
あなたは最期に何を語りかけるのか?

あなたの大切な人の肌に
あなたは最後にどのように触れるのか?

愛する人の命の終わり方。

病院は治すところであって
死ぬところではない?

どこであなたは死にたいか?

なくなる3日前はどんな状態?

映画のなかでも印象的なシーンがある。
自宅での看取り。

そしてその後、
亡くなった愛する人に
添い寝するということ。

ひろ子さんが映画を作り始めたのは
看取ってから3年半後。

その間彼女は何をしていたのか。

忙しくすることの意義。

悲しすぎると泣けなかったり
いきなりスイッチが入って泣いてしまうこともある。

だからこそ、しっかりと感情を味わい、
そして細胞に刻むこと。

命を手放せないと
渡すことのできなかったギフト。

やっぱりピンチはチャンス。
そんな時にこそ視点を
光に戻った愛する人へとあげてみる。
そうするとどんなことが起きるのか?

「死者と共に生きる」ということ。

今回は愛する人が死んでいくプロセス、
その中で喪失を受け入れていくことや
死の瞬間、看取りについて体験談が語られる。
そんなお話が詰まった30分。

どうぞじっくりと命に思いを馳せつつ
ご一緒にお楽しみ下さい。


いつもありがとうございます(♡´▽`♡)

心より愛と希望と感謝の気持ちを込めて

ホンマルラジオ東京スターライト☆駒込局
代表 柳井真美 & 社長 柳井​りん


【参考番組】
Dr.まみのLife's Delicious Moments❤️【第75回】
死者と共に生きる vol.1 今をどう生きてどう死んでいくか。

看取りのドキュメンタリー映画 「いきたひ」長谷川ひろ子監督
http://honmaru-radio.com/drmami0075/

【参考文献】
ザ・シークレット





【ゲスト情報】 

ドキュメンタリー映画「いきたひ」 

HP:http://ikitahi.com/index.html
FB:https://www.facebook.com/ikitahi/













 






 






 






 

いきたひ  

”看取り直し” が出来る究極のヒーリングムービー








 
 

名も無き四児の母が、夫の生き様・死に様をホームビデオで撮ったドキュメンタリー








 
 

「死」がタブー視される中、終末期の在宅医療や在宅介護の関係者に注目されているドキュメンタリー映画「いきたひ」。








 
 

47歳で他界した夫を4人の子どもたちと共に自宅で看取った長谷川ひろ子さんは、その後「死とは胎内に戻ること」という死生観に出会う。「死」は決してタブー視するものではなく、「生の肯定」に導くための尊い体験につながることを実感し、そのことを多くの人に伝えたいと、まったくの素人ながら映画制作へ取り組む。








 
 

企画から構成、脚本、取材インタビュー、ナレーション、テーマ音楽の作詞・作曲、演奏、歌まで自分自身でやりぬき、ついに2015年に映画は完成した。








 
 

地上で映画制作に協力してくれた人びとだけでなく、看取られて先立たれた方々あっての「天地合同制作」の奇跡の映画と言える。






 
 

監督 長谷川ひろこさん。






FB:https://www.facebook.com/profile.php?id=100023580380965​

 





 





 





 





 

 


長谷川ひろ子監督の本








 
 

いきたひ 生前四十九日








 
 

●長谷川ひろ子・秀夫(共著) ●定価:1200円+税 ●サイズ:四六判、160ページ ●発行:アートヴィレッジ(2017年6月)








 
 

妻はなぜ夫の死を映画にしたのか。末期がんの夫の意志を受け、ホームビデオ用カメラで夫の闘病を記録し続けた妻。天地合同製作ドキュメンタリー映画『いきたひ』が誕生した理由と必然性。「死」は決して恐ろしいものではなく、只ただ暗く悲しいものでもない。人生のラスト49日をどう生き切るのか……。天国に旅立った大切な人との出会い直し、看取り直しができる一冊。

http://art-v.jp/ichinen/ikitai2017.html








【パーソナリティ情報】 

いのちの美しさを輝かせるDr.まみ (柳井真美)




 
 


FB:https://www.facebook.com/happysmilekeeperm





 
 

Doctor of Naturopathic Medicine/ND 自然医学医師(カナダ)
マスターレイキティーチャー、音楽療法士、催眠療法士
*いのちに寄り添うカウンセリングセッション
お申し込み・ご質問・コメントはこちらから
>> info@mydeliciousmoments.com

著書:
人生の富の法則 ~The Power of Mentorship ~ 

第12章 デリシャスモーメント (サンクチュアリ出版)
ロバートアレン、舛岡美寿子、など計12人と共著。
http://urx.blue/DIXD

 Asian Healing Traditions in Counseling and Psychotherapy
(Sage出版、アメリカにて英語文献)

ラジオチャンネル一覧
Deliciously TOKYO スターライト
Dr.まみの Life’s Delicious Moments❤️

チャックとまみの食ったれ~!金、SEX、うまいもん❤️
https://goo.gl/TD8Xjb






 
 

【ホンマルラジオ東京スターライト☆駒込局】




 
 





 
 

番組ぺージ:http://honmaru-radio.com/category/honmarukomagome/
パーソナリティ一覧:http://honmaru-radio.com/category/personalitykomagome/
FB:https://www.facebook.com/honmarutokyostarlight/​


ゲスト名 看取りをテーマにしたドキュメンタリー映画 「いきたひ」の監督 長谷川ひろ子さん。
パーソナリティ いのちの美しさを輝かせるDr.まみ (柳井真美)
公開日 2018/03/10
過去の放送一覧 Dr.まみの Life’s Delicious Moments❤️

pagetop