1. HOME >
  2. たましいの厳泉 ながるゝ時空の >
  3. たましいの厳泉 ながるゝ時空の旅【第03回】ゲスト:アナテース 岡部明美
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/08/11たましいの厳泉 ながるゝ時空の旅【第03回】ゲスト:アナテース 岡部明美

番組を聴く 一時停止

都会の森コトハナムオーナー 田村恭子
たましいの源泉 ながるゝ時空の旅 第3回。

地球の水と宇宙の光からできている
田村恭子らしさが今回も全開でお届けする30分。

なぜなら本日のゲストは彼女の
セラピー全般、命の授業の師匠
アナテース岡部明美さんを招いての収録。
そして田村恭子自身が
彼女の主催するLPL養成講座の卒業生。

カウンセラー・セラピスト・ワークショップトレーナー
LPL養成講座講師・講演・作家として
著書に「もどっておいで!私の元気」(善文社)
「私に帰る旅」(角川学芸出版)などがあり
癒しの分野において幅広く深く活躍。

田村恭子が「いのちの授業」とよぶ
その教鞭をとるその人である。

魂の産声をあげるお産婆さん

そんな呼び名も持つ明美さん。

明美さんの言葉は
透明感があって重みがある。

一人ひとりが
その人にしかできない
いのちの仕事を持って生まれてきた。

愛する人との別離。
人生には喪失と別離がつきもの。

自分自身が命に関わる大病をし
自分の内側に向かう。
その探求の中で出会った人たちとのご縁が
振り返ってみると道を作っていた。

いのちの理、宇宙の計らい

人生の中で最悪だと思った出来事が
そこへと導いてくれる。
やがて魂が会いたがっている人としか
会わなくなった。

ボディ、マインド、スピリット、
いろんな角度から癒しのプロセスを極め
症状や起きてくる出来事は
一切良い悪いではジャッジしない。

肉体は自分じゃない?

それなら本当の自分とは何なのだろう?

道に迷うということの本当の意味とは?

私たちは人生の被害者にはなっていないだろうか?

二人の魂から癒しを促すセラピストが
セラピーとは?と実に深く、そして
柔らかい雨が大地に降り注ぐように
全身に染み込むような言葉を綴る30分。

どうぞじっくりお楽しみください。

【ゲスト情報】
http://okabeakemi.com/

FB:
https://www.facebook.com/profile.php?id=100002944904438

プロフィール
* ワークショップ・トレーナー
* セラピスト
* カウンセラー
* 文筆家
* 東海ホリスティック医学振興会顧問
* 著書
* 『私に帰る旅』(角川学芸出版)
* 『もどっておいで私の元気!』(善文社)
* 『約束された道』(学芸みらい社)

ゲスト名 ワークショップ・トレーナー セラピスト アナテース 岡部明美
パーソナリティ 都会の森コトハナムオーナー 田村恭子
公開日 2017/08/11
過去の放送一覧 たましいの厳泉 ながるゝ時空の

pagetop