1. HOME >
  2. 姫チャンネル >
  3. 西日本豪雨災害支援番組 第3回『 これからのボランティアについて 』
  • 2018/07/17【岡山】姫井由美子の西日本豪雨災害支援番組 第3回『 これからのボランティアについて 』

    番組を聴く 一時停止

    内容

     《西日本を襲った記録的豪雨により、岡山、広島をはじめ、広範囲に河川の氾濫や土砂崩れなど甚大な被害をもたらした。
    14府県で死者は200人に達し、16府県で7000人超が避難生活をし、長引く大雨にライフラインやインフラの復旧は進んでいない。
    岡山で大きな災害を体験し、ホンマルラジオ岡山局を通してパーソナリティー姫井由美子が実際に現地に視察やボランティアに入り、生の状況を伝えて理解と支援の輪を広げて行く番組をスタートした。》

    7月10日に岡山市がボランティアセンターを立ち上げるたのに続き、倉敷市が7月11日にボランティアセンター立ち上げて14日(土)より、倉敷市民以外の一般ボランティアを受け入れます。

    水害作業ボランティアの準備

    服装は、長袖、長ズボン
    帽子かヘルメット
    防塵マスク又はマスク
    タオル又は手拭い
    長靴又は防水性の靴
    厚手のゴム手袋
    雨具
    水筒又は凍らせた水
    救急セット
    ウエストポーチ又はデイパック
    ゴーグルが必要な所もあり

    岡山市ボランティアセンター
    場所  岡山市役所南の大供公園
    受付  9:00~10:00
    駐車場 岡山市役所の立体駐車場無料券配布
        (自分の車で行くことも可)

    倉敷ボランティアセンター
    場所  玉島にある職業訓練校体育館(玉島インター付近)
    受付  8:30~11:00(ボランティア多数の時は延ばす)
    駐車場 職業訓練校の駐車場(ボランティアはバスで現地に移動)
                     車の許可証が必要な地域の活動

    総社ボランティアセンター
    場所  総社市役所南の総合福祉センター
    受付  8:30~(期間はないが16:00迄に帰ってきて報告報告)
    駐車場 吉備路アリーナ(総社市役所からは距離がある)
    支援物質センター
        総社市役所の駐車場では、支援物質を受け付けています。
        又、被災者は、支援物質を使うことが出来ます。

    高梁市ボランティアセンター
    場所  高梁市役所北側の高梁総合福祉センター
    受付  9:30~13:30(但し、16:00迄に帰ってきて報告)
    駐車場 高梁駅の南側(受付場まで徒歩15分位)
                    (自分の車で支援先に行くこと可能
    問合先 高梁市社会福祉協議会災害ボランティアセンター
        080-2931-8142

    注意  ボランティアセンターへの電話の問い合わせはなるべく避けて、ホームページやネットで確認して下さい。
        被災者からの支援依頼電話を受けるため。

    ボランティアの活動時間  9:30~15:00目安

    ホンマルラジオ岡山局では西日本豪雨災害をを支援していきます。

    パーソナリティー
    姫井由美子(司法書士、行政書士、元参議院議員、参議院時代に東日本大震災を経験し政権政党として被災地支援に関わる。又、熊本地震の時には岡山から救援物資を運び地元のボランティアと共に避難所支援を行う。

    ゲスト
       大島 秀彰(おおしま ひであき) 中小企業庁の岡山県よろず支援拠点コーディネーター 

    ホンマルラジオ岡山局の‘問い合わせ先
    岡山086-256-3939

    ゲスト名 大島 秀彰氏
    パーソナリティ 姫井由美子 災害支援
    公開日 2018/07/17
    過去の放送一覧 姫チャンネル

    pagetop