1. HOME >
  2. 道後・大和屋 ホンマルニュース >
  3. 大和屋本店ホンマルニュース 第38回 繋ごう豊予海峡ルート #エンタメ
  • 2021/09/25【道後大和屋】大和屋本店ホンマルニュース 第38回 繋ごう豊予海峡ルート #エンタメ

    番組を聴く 一時停止

    道後温泉 大和屋本店 ホンマルニュース 第39回
    繋ごう 豊予海峡ルート

    29分40秒の番組です。 


     今回は、ホンマルラジオ局のPEACE ROAD in Ehimeさんに
    おじゃましています。
      なにかと暗くなる話題が多い昨今ですが
    ネットラジオくらいは、明るい話題を提供いたしたく
    「四国と九州をトンネルで繋ごう」という運動をしている
    PEACE ROAD in Ehime さんにお話を伺いました。


    大きな会合も開いておられます。
    一般社団法人PEACE ROAD in Ehime のホームページは こちら
    豊予海峡ルートを繋ごう という運動は4~5年前から始まったそうです。

    水野の導入トークの説明です。
    繁多寺
         四国八十八箇所霊場の第五十番札所
    久米八幡
         正式名は日尾八幡神社。
         天平勝宝4年(752年)、久米氏の祖神を祀る久米八幡宮として建立。
    三輪田米山
         日尾八幡神社神官の長男として生まれた。
         愛媛を代表する江戸から明治期の書家。

    「第二国土軸」
    九州中部から四国北部と紀伊半島を横断して東京に至る西日本国土軸や、
    日本海国土軸、東日本国土軸などが、1994年に多極分散を推進するため,
    国土審議会調査部会から提案された。

     

    豊予海峡
    大分県の関崎(地蔵崎)と愛媛県の佐田岬とに挟まれ
    豊後(ぶんご)水道と伊予灘(いよなだ)とを結ぶ海峡。
    潮流が速い。速吸瀬戸(はやすいのせと)。
    佐田岬灯台から、佐賀関の先端までは14km





    四国の高速道路
    1985(S60)年3月27日に四国で初めて
    三島川之江ICから土居ICまでの間11kmが開通しました。

    国道197号は、海上国道方式
      高知県高知市から大分県大分市に至る国道ですが、
    愛媛県佐田岬半島にある三崎の港から大分県の佐賀関まではフェリー航路です。
       国道九四フェリーを開設したのは、旧日本道路公団でした。
      海の上であっても国道なのです。
      大分県内の区間は「愛媛街道」と呼ばれ、古くから幹線道路として知られています。


    三崎・佐賀関フェリーは1時間ちょっとかかりますが、
    トンネルが抜ければ14分です。


    田村菓子舗 三代目が話す
    うにまんじゅう の ネットラジオこちら


    トンネルが抜ければ、伊方町も賑わうでしょう。

     伊方町ホームページこちら
     

     PEACE ROAD in Ehime  代表   佐藤さん  と  アシスタント   木戸さん

     

    以下は 関連番組とおすすめ番組です。  道後・大和屋局 番組ラインナッブは こちら


    えひめが誇る「すご味」 第13回 うにまんじゅう
     

     

     

    大洲。 古きも新しきも 第2回 大洲ええモンセレクション
     その1「天然トラフグうすづくりセット」

     


    考古学で「松山を掘る」 第17回 天山1号墳は久米部小楯?​

                       
    大和屋本店のホームページはこちら。
    http://www.yamatoyahonten.com/

    大和屋本店のFacebook ページはこちら
    https://www.facebook.com/yamatoyahonten.bridal/?ref=profile_intro_card

    ホンマルラジオ 道後・大和屋 のページはこちら

    http://www.yamatoyahonten.com/guide/radio


     

    ゲスト名 一般社団法人PEACE ROAD in Ehime 代表 佐藤信治郎さん ・ アシスタント 木戸京子さん
    パーソナリティ 水野真人
    公開日 2021/09/25
    過去の放送一覧 道後・大和屋 ホンマルニュース

    pagetop