1. HOME >
  2. 道後・大和屋 ホンマルニュース >
  3. 大和屋本店ホンマルニュース 第44回 新作能「義農」 義農大賞 表彰式で上演 宇高徳成師
  • 2022/03/31【道後大和屋】大和屋本店ホンマルニュース 第44回 新作能「義農」 義農大賞 表彰式で上演 宇高徳成師

      番組を聴く 一時停止

      道後温泉 大和屋本店 ホンマルニュース 第44回
      新作能「義農」
      義農大賞 表彰式で上演
      宇高徳成師

      25分30秒の番組です。 


      こんにちは。大和屋本店の水野です。
      道後の旅館 大和屋本店のネットラジオ
      道後・大和屋 ホンマルニュースは
      愛媛・松山・道後の情報を発信しております。
        
      今回 は 2022年4月23日(土)
      松前(まさき)総合文化センターで開催される
      義農大賞 表彰式 で上演される
      新作能「義農」について
      作者であり主役の 金剛流能楽師 宇高徳成(うだかのりしげ)師に
      語っていただきます。

       


      画像クリックで宇高先生のホームページが開きます。

      宇高徳成(うだかのりしげ)師
      1985年生まれ
      出身地 京都府 / 居住地 京都府
        松山藩お抱え能楽師の末孫
      当代二十六世金剛宗家に師事
      景雲会(能楽教室) 主催 
      能面ワークショップ(能面作成教室) 主催 





      宇高先生のご令姉様が打たれた、新作能「義農」の面です。


      宇高先生のお稽古教室のご案内は こちら

      宇高先生のワークショップのご案内はこちら


      義農作兵衛(1688年~1732年)は、
         松山藩の貧しい農家に生まれ、幼い頃から農業に励みました。
       享保の大飢饉の時、作兵衛は、
      「農は国の基、種子は農の本。
        一粒の種子が来年には百粒にも千粒にもなる。
        僅かの日生きる自分が食してしまって、
        どうして来年の種子ができるか。
        身を犠牲にして
        幾百人の命を救うことができたら私の本望である。」と言い、
       麦種を食することなく、大義を貫いて餓死しました。


      義農精神を持ち、活動を続けている個人・団体の功績を表彰する
      義農大賞。
      表彰式は、
      2022年4月23日土曜日 13時15分から17時30分まで(予定)
      場所 松前総合文化センター 広域学習ホール

      表彰式の中で、新作能「義農」が紹介されます。
      愛媛の偉人の物語が、能楽で語られます。


      愛媛のスポット ラジオガイド
      次回もお楽しみに。
        

      以下は 関連番組とおすすめ番組です。  道後・大和屋局 番組ラインナッブは こちら



      能楽の国・松山 ② 宇高 徳成 師
      宇高先生のプロフィールが語られます。


      えひめが誇る「すご味」 第14回 ベジリコ
      義農作兵衛の出身地 松前町で作られる 野菜のイリコです。


      「愛媛から世界へ」第1回 高山 良二さん
      NPO法人で、カンボジアの地雷除去をされている 三間町出身の高山さんにお話を伺いました。
                         
      大和屋本店のホームページはこちら

      http://www.yamatoyahonten.com/

      大和屋本店のFacebook ページはこちら
      https://www.facebook.com/yamatoyahonten.bridal

      大和屋本店のインスタグラムはこちら
      https://www.instagram.com/yamatoya_honten_/

      ホンマルラジオ 道後・大和屋
      のページはこちら

      https://honmaru-radio.com/category/honmarudogoyamatoya/

       

      ゲスト名 金剛流能楽師 宇高 徳成 師
      パーソナリティ 水野真人
      公開日 2022/03/31
      過去の放送一覧 道後・大和屋 ホンマルニュース

      pagetop