1. HOME >
  2. 言霊語り(ことだまがたり) >
  3. 言霊語り【第二回】〜魂の叫び〜
  • 2019/02/27【池袋】言霊語り

    番組を聴く 一時停止

    【第2回 魂の叫び】



    スピリチュアルな時事評論

    トランプ大統領の壁政策は、鎖国=グローバルという新しい基軸のよう、日本の鎖国時のキリスト教弾圧を思い出せば歴史は繰り返すのか、
    そんな中でAIの技術が自動運転のベースとなり、マイナンバーは、行政のよきツールとなってきた。

    この中に外国人を大量に入国させれば、社会保障制度も安泰だし、マンションの空き家対策もできちゃうかも。
    フランスのデモはFacebookのアルゴリズムを変えたことにあるとするなら、簡単に人を誘導できちゃうってこと。

    オリンピックが近くなって、通信インフラは整備されて、気軽に食事ができるコンビニは存在感を増して便利に、
    でも一方で待機児童が増えて働けないお母さんが増えると、そのつけは子供へ行く、子供と母親の関係はベーシックなスピリチュアル、優先するものは何かな。


    スピリチュアル事例

    ヒーリングを学ぶ前の年に会った霊媒師は、基本的に一匹オオカミでビジネスセンスなし。

    感受性が強いから、一つの仕事に長くついていられない、つまり見えることのストレスに耐えられない。

    お払いが専門で、髪の毛が伸びる日本人形をあつかっていた。なぜ、髪の毛が伸びるのか、それは憑依している人のさみしさゆえ、自分を見てほしいと思うところ。

    基本的に人格と霊格は一致しない、なにかが見えることは答えではない、サイキッカーはクライアントが必要としている情報を適切に伝えるのが使命。

    誰に、何がついていようが、それはヒントにしか過ぎない。

    サイキッカーへの依存は危険なのだ。


    言霊タイム

    【想いは未来を創る】

    みなさんは自分の生き方に規則を作っていませんか?

    例えば、人前では泣かないとか、泣きごとを言ってはいけないみたいなやつです。

    でもこれって自分で決めた規律ではないのですよね。

    たぶんそれは、自分が子供のころに大人たちがやっていたこと鵜呑みにしただけ。

    人は子供のころに接触した大人の影響を受けます。

    たぶんそれは両親でしょう。

    そう、自分の両親は将来の自分の課題そのものなのです。

    だから、親子ゲンカをするのです。

    自分では気が付かなくても、マスターガイドが生きる道を示している。

    それが自分の想いとなり、大いなる魂の道のりとなるのでしょう。


    経験と感動が魂を磨く!
    *増子豊彦*


    LINE@:

    https://line.me/R/ti/p/%40xia0212m

    Facebook:

    https://www.facebook.com/ghtoyo

    ブログ:

    http://shinoffice.net/

     


    パーソナリティ 増子豊彦
    アシスタント 三角メイ
    公開日 2019/02/27
    過去の放送一覧 言霊語り(ことだまがたり)

    pagetop