1. HOME >
  2. 荒巻靖彦の「日本のタブーに切り込む!!」 >
  3. 荒巻靖彦の「日本のタブーに切り込む!!」第17回 【慰安婦問題】と、【南京事件】の真相に切り込みむ!! 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/10/21【大阪ぽんばし】荒巻靖彦の「日本のタブーに切り込む!!」第17回 【慰安婦問題】と、【南京事件】の真相に切り込みむ!! 

番組を聴く 一時停止

荒巻靖彦の「日本のタブーに切り込む!!」第17回 【慰安婦問題】と、【南京事件】の真相に切り込みむ!! 
今回はゲストに「中野」さんと「獅子座なお」さんとを迎えました!! 



凛風やまと・獅子の会「獅子座なお」さんとは? 

日本の歴史の真実を広めるために、全国各地でパネル展開催、TV出演など、多方面にわたり、尽力している美人活動家です。 
今回は獅子座なおさんが行ってきた活動や、今後行う活動予定を語っていただきました!! 



従軍慰安婦の問題について 

この問題を語るにあたり最初に確認しておかなければならないのは、日本軍が朝鮮の若い女性を従軍慰安婦という名の性奴隷として集め、
虐げていたという話は事実ではないということです。 
韓国・朝鮮人を日本に強制連行し性奴隷として集めたと朝日新聞が報じましたが、朝日新聞は記事の訂正、謝罪を正式に行っているのです。 
しかし、いまだに日本の教科書やメディアでは、強制連行があったような記載や報道があります。 
獅子座なおさんは、従軍慰安婦問題の真実を伝えるために、「歴史的一次史料」だけを集め、全国各地でパネル展を行いました。
娼妓取締規則(しょうぎとりしまりきそく)がきちんとあり、娼婦(遊女)は退職、行為の拒否も可能だったとの資料もあります。 
中には悪徳女衒(仲介)もあり、騙された人もいる様ですが、日本の警察は取締を行っていたようです。 


過去のパネル展のパンフレット



南京事件について 
この問題を語るにあたり最初に確認しておかなければならないのは、中国の南京市にて、日本人が中国軍の捕虜や敗残兵を虐殺したという
「歴史的一次史料」はないということです。 
日本の子供と笑顔で撮影されている写真や、中国負傷兵を看護する日本の衛生兵の写真などが残っています。 
事実、日本人が南京市に入城した後から、南京市の人口は増加していった資料もあるようです。 



中野さんと、獅子座なおさんは、真実を語れる社会的空気を作っていける
手助けにでもなればとの思いがある様です。
 

新聞やテレビでみるのと真実の違いに驚きを隠せないですね!! 
お二人の活動により、真実が広まり普通に真実を語れる社会的空気になっていけば今よりもっといい社会になっていくと思います!! 
今後とも活動を頑張ってください!! 
次回もお二人をゲストに迎え天皇制について語っていただきます! 


乞うご期待!! 

記念すべき第一回はこちら 
http://honmaru-radio.com/aramaki001/

パーソナリティ 荒巻靖彦
アシスタント 岡村
公開日 2018/10/21
過去の放送一覧 荒巻靖彦の「日本のタブーに切り込む!!」

pagetop