1. HOME >
  2. 人生に魔法をかける言葉のレメディー 〜哲学しながら生きていく〜 >
  3. 人生に魔法をかける言葉のレメディー 〜哲学しながら生きていく〜【第23回】セラピスト夫婦が教えてくれるホメオパシーとアートが織り成す癒しの関係 ゲスト:アートセラピスト Hephzibah Kapla
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/11/19【東京☆】人生に魔法をかける言葉のレメディー 〜哲学しながら生きていく〜【第23回】セラピスト夫婦が教えてくれるホメオパシーとアートが織り成す癒しの関係 ゲスト:アートセラピスト Hephzibah Kapla

番組を聴く 一時停止

必ず道は開かれる!
理解がすべての鍵となるそのきっかけを与えてくれる
森羅万象研究アカデミー学長永松昌泰(ガクチョー)の
人生に魔法をかける言葉のレメディー  ~哲学しながら生きていく~ 

第23回目の今回も
アシスタントにホンマルラジオ東京駒込局代表・柳井真美と
哲学しながら生きるガクチョーの
「人生の物語」における熱い思いが語られる。

前回に引き続き
英国からお招きした国際学会にも出席する
ブライアン先生ご夫妻。

今回はブライアン先生の奥様のヘプシヴァさんに
芸術セラピスト(アートセラピスト)などのお話を伺う。

子供の頃から芸術を慣れ親しんできたヘプシヴァさん。
なんとすでに14歳の頃からクライアントさんと
アートを通して関わってきた。

アートセラピーとは?

子供達とその母親たちと
どのようにアートを通して反応するのか?

深い意識にアクセスできる、
そして右脳的、直感的な芸術表現。

そんな明確な表現を可能にするアートを
ホメオパシーに取り入れることができるのか?

長い間その疑問に取り組んできたヘプシヴァ。​

夫婦でもありセラピスト同士でもある
ブライアン先生とヘプシヴァさん。

友人の結婚式での出会い。

それからお互いがどのような関係を
紡いできた忘れられない思い出があるのか。

ガクチョーと、ガクチョーと奥様の校長先生も
実はセラピスト同士の夫婦。

そして二人の初デート、
ピカソの展覧会に行った時のお話。

官能的な作品に釘付けとなったブライアン先生。
日本の官能的な浮世絵などの歴史を知ると
日本の少子化ってどうなってるの?
と逆にブライアン先生が尋ねる。

男性の草食化、絶食化?

人はスピリチュアルになってきてるのか?

それともバーチャルセクシュアリティの影響なのか?

私たちの「触れる」という感覚。
それを思い出すこと。
感じるということをすること。

私たちが本当に誰なのか?
それを不確かにする仮面を被った状態のレメディとは?

今回はセラピスト夫婦出演のゲストだからこそ
男女関係性に関しても、深く対話が繰り広げられた
とても社会文化的にも面白い30分番組。

どうぞお楽しみください。

【ゲスト情報】
HP:http://drkaplan.co.uk/

HP:http://hephzibahkaplanarttherapy.co.uk/


https://www.amazon.com/Homeopathic-Conversation-Art-Taking-Case/dp/8131907430

【パーソナリティ詳細】
 
ハーネマンアカデミー・オブ・ホメオパシー 学長
日本ホメオパシー振興会代表
GLOBAL WINGS (株)代表

https://hahnemann-academy.com/

http://www.nihon-homeopathy.net/

http://global-wings.co.jp/

フェースブックのお友達申請は、永松昌泰宛にご申請をお願いします。
https://www.facebook.com/masa.nagamatsu.5

著書
ホメオパシー入門他
http://u0u0.net/E2Eg

訳書
ホメオパシー医学哲学講義
http://u0u0.net/E2Eh

ホメオパシーの哲学 病の声を聴く
http://u0u0.net/E2Ei


パーソナリティ 森羅万象研究アカデミー学長(永松昌泰)
アシスタント メディカルホメオパス Dr. Brian Kaplan & アートセラピスト Hephzibah Kaplan
公開日 2017/11/19
過去の放送一覧 人生に魔法をかける言葉のレメディー 〜哲学しながら生きていく〜

pagetop