1. HOME >
  2. 人生に魔法をかける言葉のレメディー   〜哲学しながら生きていく〜
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人生に魔法をかける言葉のレメディー   〜哲学しながら生きていく〜(11件)

番組紹介

必ず道は開かれる!
理解がすべての鍵となるそのきっかけを与えてくれる
森羅万象研究アカデミー学長永松昌泰(ガクチョー)の

人生に魔法をかける言葉のレメディー  ~哲学しながら生きていく~ 

第11回目の今回も先週に引き続き
アスリート、キャリアコンシェルジュの善福克枝さんを
特別ゲストに迎えてなかなか普段聞けないお話が聞ける。

アスリート、元アスリートたちの世界は
やはり計り知れないプレッシャーやストレスがかかっている。
だからこそ無条件の温かい眼差しで見守る
そんな姿勢で善福さんは野球の清原選手を
応援し続けていた。

めぐりめぐって
清原選手の写真を撮るお話が来る。
心巡り会う友になろうと思って
そもそもカメラを手に取った善福さん。
出会うことができた清原選手。

そんなところで起こった
清原選手の逮捕の事件。

その時善福さんはどう思ったのか。

2015年から清原元選手が監督になることを
プロデュースするブログを始める。

やがてそのブログの存在を清原選手が知る。

そこから継続していくことの大切さ、
それを善福さんが体感する展開へと繋がっていく。

失敗を犯し、そこから再出発していく人たちを
どのように見つめ支えていくのか。

普通に復活するよりも
より厳しく大変な道のりだからこそ
意義があるのではないだろうか。

ガクチョーがナビゲートする
そんな深いメッセージの込められた30分、
どうぞじっくりとお楽しみください。


清原選手グッズなる清原バッグ!
やはり相当の熱いファンぶりだ。

【ゲスト情報】
FB:
https://www.facebook.com/zenpuku.katsue

ブログ:
https://ameblo.jp/meheart-girls27/



“偶然"をキャッチして幸せの波に乗る7つの法則 (DO BOOKS) 


 
ゲスト名アスリート キャリアコンシェルジュ 善福克枝さん
公開日2017/08/20
2017/08/20

人生に魔法をかける言葉のレメディー 〜哲学しながら生きていく〜【第11回】ゲスト:アスリート キャリアコンシェルジュ 善福克枝さん vol.2

番組紹介

必ず道は開かれる!
理解がすべての鍵となるそのきっかけを与えてくれる
森羅万象研究アカデミー学長永松昌泰(ガクチョー)の

人生に魔法をかける言葉のレメディー  ~哲学しながら生きていく~ 

第10回目の特別ゲストは
アスリートのキャリアコンシェルジュの善福克枝さん。

ビジネスの仕組みを創り、黒字化させて、
スポーツ選手の第二の人生を創造する
アスリート向けキャリア・アカデミーを主宰。 
 
スポーツ選手の第2の人生を応援し、
その姿を写すカメラマンでもある。
 
そんな克枝さん自身が
小学2年生の頃から選手育成コースで
オリンピックを目指して頑張ってきた。

高校生になって世界が本当に届くところになって
怪我をして手術、リハビリと続く。
国体に出場するが、その後も色々な故障が発生して
歩けないような状態になる。

100%怪我なく競技ができる状態というのは
選手人生の中でもほんの短い間だという。
スポーツ選手の怪我というのは避けられないもののようだ。

その時克枝さんはどうしたのか?

スポーツ選手がスポーツを止めた時
何ができるのだろうか?

そこから野球の清原選手とのご縁へと繋がっていく。

やはり彼もその当時怪我をして
苦労している様子が報道されていた。

克枝さんは最初は
いわゆる「追っかけ」だった。

しかしそこからもっと大きな展開へと繋がっていく。
その彼のために、という思いが形となって
ブログに綴られている。

自分の人生を通した経験が今に生きている、
それを聞いているだけでじんわり勇気が湧き出てくる30分、
どうぞじっくりお楽しみください。

【ゲスト情報】
FB:
https://www.facebook.com/zenpuku.katsue

ブログ:
https://ameblo.jp/meheart-girls27/



“偶然"をキャッチして幸せの波に乗る7つの法則 (DO BOOKS) 


 
ゲスト名アスリートのキャリアコンシェルジュ 善福克枝
公開日2017/08/13
2017/08/13

人生に魔法をかける言葉のレメディー 〜哲学しながら生きていく〜【第10回】ゲスト:アスリートのキャリアコンシェルジュの善福克枝さん

番組紹介

必ず道は開かれる!
理解がすべての鍵となるそのきっかけを与えてくれる
森羅万象研究アカデミー学長永松昌泰(ガクチョー)の

人生に魔法をかける言葉のレメディー  ~哲学しながら生きていく~ 

第9回目の今回は先週に引き続き、テーマは「自殺」。

ホンマルラジオ駒込局代表の柳井マミもアシスタントに加わり
さらなる深い話を進めていく。

このテーマに関して最後の決め手とは

未来が見えるのか見えないのか?

というところであろう。

本当の現実とは何か?

その人にとって何が見えるのか、
そういった世界観とは変化していくものだからこそ
自分が閉じ込められていた世界は開いていくことができる。

今とは違う未来。

自殺に限らずに、
ホメオパシーにおいては温かい眼差しで
ジャッジをなく受け入れる姿勢が大切だ。

そのまま、ありのまま、受け止める。

そこから全てが始まる。

だからこそ、その世界に地殻変動のようなものが起こり
光が差し込んでいくことになる。

深いところから提示されてくる自分の真実の姿。

それと向かい合うとそのままでは
絶対にいられなくなるからこそ
本来の自分へとなるためにものすごい力が働くようになる。

こんな風にガクチョーがどっしりと受け止め
そして穏やかに力強く語ってくれることができるのは
ガクチョー自らが自分自身を再構築する必要があったからだ。

自分を何とか変えたい。

新しい未来を見つめていく光を
ガクチョー自身が地味ど血みどろの中に掴み取った。

そんな思いを込めて語られた30分、
今日もじっくりとお楽しみください。
 
公開日2017/08/06
2017/08/06

人生に魔法をかける言葉のレメディー 〜哲学しながら生きていく〜【第09回】死んではいけないのか?〜自殺という世界観を見つめる vol.2

番組紹介

必ず道は開かれる!
理解がすべての鍵となるそのきっかけを与えてくれる
森羅万象研究アカデミー学長永松昌泰(ガクチョー)の

人生に魔法をかける言葉のレメディー  ~哲学しながら生きていく~ 

第8回目の今回は、特別アシスタントとして
株式会社ワールドシーコーポレーション代表
そして様々な人、こと、ものを世界へと輩出する
敏腕プロデューサー 関野 祐智さん。

同じくホンマルラジオ駒込局パーソナリティを務める
薬を使わない薬剤師 宇多川久美子先生の番組でも
プロデューサー兼、事務局アシスタントでおなじみ。

世界のためにこの人を応援したら
何か良いことにつながるだろう、

その思いを大切に
解決できない医療の問題を
ホメオパシーでは解決できるのではないかと
ガクチョーをお手伝いしながら取り組んでいる。

そこで本日、
関野さんがガクチョーに投げかけたテーマとは?

最近東京では毎日のように遭遇する
電車における人身事故。

「自殺」とは一体何を意味するのか?

そもそも人は自殺をすることを許されているのかどうか?

あなたは自殺したいと思ったことはあるだろうか?

そんな質問に、ガクチョーはどんどん深く、
そしてある意味予想外な答えを展開していく。

死んではならないことはない。
死んじゃダメだよ、
そう言っていても解決にはならない。
死のうと思えば死ぬことができるのが事実。

ただ、
自分を殺すということと
他人を殺すということと同じこと。

どちらも愛すべき一人の人間が対象だ。

他人にしないことを自分にする、
それってどういうことなのだろう?

どんなに八方塞がりでも
必ず道はある。
ただ、それが見えるか、見えないのか、
そこに気づいて欲しい。

何を言うか、言わないかは関係ない。

自殺を見届ける安心感。

あなたはその言葉を聞いて何を思うだろうか。

ぜひ、このいのちを考える深い30分、
じっくりとお聴きください。


【アシスタント情報】
FB
https://www.facebook.com/surftrip1173
 
公開日2017/07/30
2017/07/30

人生に魔法をかける言葉のレメディー 〜哲学しながら生きていく〜【第08回】死んではいけないのか?〜自殺という世界観を見つめる

番組紹介

必ず道は開かれる!
理解がすべての鍵となるそのきっかけを与えてくれる
森羅万象研究アカデミー学長永松昌泰(ガクチョー)の

人生に魔法をかける言葉のレメディー  ~哲学しながら生きていく~ 

第7回目の今回もアシスタントに
ホンマルラジオ東京駒込局代表の柳井まみが加わり
深く深〜くガクチョーの「言葉のレメディ」の世界へと誘われる。。。

その今回のテーマは

「聖なる不安定」。

自分自身の気持ちが不安になってくることが
当然であるという自覚から生まれる安心感。

一体どんな時に起こるのか?

様々な困難がある時にこそ
いろいろな言葉が必要になってくる。

その目的とは?

その人の状態が良くなっていくということ

その目安とは一番良いところではなく
一番底を打ったところの状態。

だからこそ現実に基づいた支え。

その場限りの支えと何が違うのか?
こころに寄り添って言葉をかけるには
どうしたらいいのか?

聖なる不安定なのか、単なる不安定なのか、
それを見極め、具体的な方法や在り方とを
学長がわかりやすい例えを交えながら
クリアに説明してくれる。

誰もが一度は体験したことがあり、また
体験していくであろう法則、それとは一体なんだろうか?

普遍的な心理へと導いてくれる困難の体験。

それが成長へとつながる。

今回の30分もとても深く自らの心にしみ込む
まさに哲学しながら生きていく、
成長を促す大切なお話がぎっしりと詰まっている。

どうぞお楽しみください!


 

**********************
8月の真夏の天国合宿情報を含め
イベント情報などはこちらからご覧ください♪

ハーネマンアカデミーホームページ
https://hahnemann-academy.com/


 

 


公開日2017/07/23
2017/07/23

人生に魔法をかける言葉のレメディー 〜哲学しながら生きていく〜【第07回】聖なる不安定

番組紹介

必ず道は開かれる!

人生に魔法をかける言葉のレメディー  ~哲学しながら生きていく~ 

第6回目のゲストも引き続き
親子経営コンサルタント 大石 吉成さん。

前回も二人の文学少年ぶりが漂っていたが
そうやって500回以上も読んだ本から
二人はお互い何を学びそして分かち合ってきたのか?

大石さんは自分自身が父親との間に確執があったこと、
また、自分自身と息子との間に同様に
確執の様なものを抱えていたことに
ようやく気づき愕然する。

そしてそこが自分だけでなく、
社会においてたくさんの人々にとって
悩みどころでもあったことに気づく。

だからこそ、そこに自分の天命を感じた大石さん、
今や親子経営、敏盛と繁栄のプログラム
後継者を社長にする「大石経営塾」塾長としても
活躍される所以でもある。

そして、その文学少年的大人たちは
日比谷教養講座たるものも行っていた時期がある。

教養とは?

人格と結びついた◯◯と◇◇。

それからまた大石さんご自身が
ガクチョーのように500回読める本に自分も出会いたい、
ということでたどり着いた文献は

論語。

孔子によって書かれた歴史的な文献であるが
現代風に言えば、コンサルガイダンス書である。

だからこそ、この教えを取り入れることによって
親子経営万歳!

大石さんの著書の最終章の内容に当たる
素晴らしい結果へと結びつく
太古の叡智を今に活かすコンサル事業へとつながった。

父親は息子を育ててはいけない?

地域として、社会として
後継者を育てていくというのは
どういうことなのか?

歴史の中にある叡智を取り入れ
また
自分自身の挫折経験があったからこそ
生かされる教養がある。

立ち直るのに3年の月日がかかったわけだが
その間にガクチョーと大石さんは出会い、
お互いに挫折経験があったからこそ
深く何かが共鳴して友情が築かれた。

大きな使命があなたにある。

それを体感させられて
自分の器を広げるタイミングが挫折経験であり、
自分の使命遂行へと導かれているプロセス。
だからこそ人生には失敗などありえない。

挫折からの再生とは?

リスナーの皆様、特に
挫折を一度でも経験したことのある方には
特に勇気を与えるような内容となった今回の30分。

ただ、当然ながら
あまりにも濃厚な二人の叡智と教養を受け取るには
まだまだ足りそうもないので
どうやらまた大石さんには来ていただくことになりそうだ。

それではひとまずぜひ、
今回の番組をじっくりとお楽しみください。

【ゲスト情報】

ビジネスイノベーション・サービス株式会社
HP:http://www.innovate-s.com/​

FB:https://www.facebook.com/yoshishige.oishi​



http://urx.mobi/EBRX




**********************
イベント情報などはこちらからご覧ください♪

ハーネマンアカデミーホームページ
https://hahnemann-academy.com/

 
ゲスト名親子経営コンサルタント 大石 吉成
公開日2017/07/16
2017/07/16

人生に魔法をかける言葉のレメディー 〜哲学しながら生きていく〜【第06回】親子経営コンサルタント 大石 吉成 vol.2

番組紹介

必ず道は開かれる!
理解がすべての鍵となるそのきっかけを与えてくれる
森羅万象研究アカデミー学長永松昌泰(ガクチョー)の

人生に魔法をかける言葉のレメディー  ~哲学しながら生きていく~ 

第5回目のゲストは、
ガクチョーがずっと出演を待ち望んでいた、
なんと500回読みもしちゃう文学青年仲間?

親子経営コンサルタント 大石 吉成さん。

親子経営、敏盛と繁栄のプログラム
後継者を社長にする「大石経営塾」塾長。

大石さん自身が出身の淡路島で会社経営に
息子として、そして父として携わった
その経験を元にして今がある。

親子経営と言っても
会社、家族、と割り切れない。

哲学者でもあるガクチョーに言わせれば

ホメオパシー、医療、経済、どの分野においても
いろいろな人間ドラマがあるということは、
結局はどのようにもつれた糸を
どのように解していくのか、

なのである。

そして実はガクチョー自身も
親から会社を受け継いだ経験を持つ。

そんな二人が出会い、
それもガクチョーがビビッときて
会いに行ったというから
人生何が起こるかわからないから面白い。


息子と父親間の確執を感じつつ
100億を超える年商に届きながらも
やがて大石さんの会社は45億という負債を抱え倒産、
人生においての大きな挫折を味わうことに。

そこからどうやって大石さんは立ち直って行ったのか?

男性は実はパシリ?

男性はもともと女性だったその証拠とは?

出会いとは本当にご縁。

哲学しながら生きていくと
どうなっていくのか?

最後には簡単なアドバイスも盛り込まれている。

そこをじっくりじわじわ味わいながら
ぜひお楽しみください。

【ゲスト情報】
ビジネスイノベーション・サービス株式会社
http://www.innovate-s.com/​

FB:https://www.facebook.com/yoshishige.oishi​



http://urx.mobi/EBRX


ゲスト名親子経営コンサルタント 大石 吉成
公開日2017/07/09
2017/07/09

人生に魔法をかける言葉のレメディー 〜哲学しながら生きていく〜【第05回】親子経営コンサルタント 大石 吉成

番組紹介

必ず道は開かれる!
理解がすべての鍵となるそのきっかけを与えてくれる
森羅万象研究アカデミー学長永松昌泰(ガクチョー)の

人生に魔法をかける言葉のレメディー  ~哲学しながら生きていく~ 

第4回目の今回のゲストは
シングルマザーを幸せにするお金と家のアドバイザー 松原永実さん。

子供の自閉症などがわかり、戸惑う中、
3年前に離婚を経験した松原永実さん。

シングルマザーとしてなかなか部屋が借りられない。

住める場所が見つからない?見せてももらえない?

そんなシングルマザーとしての現状を突きつけられる。

障害を持った子供を抱えるが
近くに頼れる人もいない、
孤立無援の状態で
その上大怪我を経験。

2度と立ち上がり歩くこともできないかもしれない?

そんな状態だったけれども
入院しているような状況ではない。

踏んだり蹴ったりで真っ暗闇で鬱状態。

そんなところから
ある一冊の本との出会いがある。

よし、わたしは宇宙の力で治そう。

そう誓ってから、奇跡の回復を経て
なんとマイホーム購入まで実現。

今や同じような立場で苦労している人を
心を込めてサポートをしている 松原永実さん。

奇跡が起こる条件、そこには
言葉とホメオパシーという波動の力が
そしてもちろん彼女自身の精神力が
大きく関わっている。

そんな感動する一人の女性の人生ストーリーを
ガクチョーが丁寧に紐解いていく。

ぜひ、じっくりとお楽しみください。


【ゲスト情報】

FB:
https://www.facebook.com/matsubara7777



**********************
イベント情報などはこちらからご覧ください♪

ハーネマンアカデミーホームページ
https://hahnemann-academy.com/
公開日2017/07/02
2017/07/02

人生に魔法をかける言葉のレメディー 〜哲学しながら生きていく〜【第04回】ゲスト:シングルマザーを幸せにするお金と家のアドバイザー 松原永実

番組紹介

必ず道は開かれる!
理解がすべての鍵となるそのきっかけを与えてくれる
森羅万象研究アカデミー学長永松昌泰(ガクチョー)の

人生に魔法をかける言葉のレメディー  ~哲学しながら生きていく~ 

第3回目の今回もアシスタントに
ホンマルラジオ東京駒込局代表の柳井まみが加わり
第2回目にとても興味をそそられる形で
じっくりと語られた「言葉」について
哲学しながら生きるガクチョーがさらに掘り下げ
わかりやすく解説してくれる。

「言葉」は本来人生を切り開いていくもの!

しかし、その「言葉」によって
人生が閉じ込められている私たち。

例えば病名。

名前をつけることによって
自分という人間の存在がなくなってしまう?

名前がつくからこそホッと救われる?

名前がつくからこそ一生閉じ込められてしまう?

テレビと自閉症の関係を例にあげ
相反する言葉の与える人々への影響は
まさに「言葉」の深さを感じざるをえない。

どうやってその「言葉」を使っていくのか?

それを絶妙に使いこなしていたのが
実はブッダであり、彼は最高のホメオパスであった!?

なんとホメオパシーの原理が
比喩の連なるブッダの説法に通じる!

そしてさらに「言葉」
「言葉」はナマモノ、賞味期限がある?
だからこそ最初にあったのはその「言葉」なのか?

今回も深く考えさせられつつ
思わず頷いてしまうような深い内容の30分。

ぜひごゆっくりお楽しみください!


**********************
イベント情報などはこちらからご覧ください♪

ハーネマンアカデミーホームページ
https://hahnemann-academy.com/


公開日2017/06/25
2017/06/25

人生に魔法をかける言葉のレメディー 〜哲学しながら生きていく〜 【第03回】

番組紹介

必ず道は開かれる!
理解がすべての鍵となるそのきっかけを与えてくれる
森羅万象研究アカデミー学長永松昌泰(ガクチョー)の

人生に魔法をかける言葉のレメディー  ~哲学しながら生きていく~ 

第2回目の今回もアシスタントに
ホンマルラジオ東京駒込局代表の柳井まみが加わり
タイトルにもある「言葉」について
哲学しながら生きるガクチョーの思いが語られる。

実は、その「言葉」によって
私たちの人生が閉じ込められている?


 

言葉とはパワフルなものとして
多くな困難に対して扉を開いてくれると同時に
私たち自身が気づかないところで
言葉の定義のズレによる限界のあるコミュニケーションに
言葉を使っている私たち自身が囚われているのだ!


ピンからキリまである言葉。
 


 

宇宙全体が震撼するような言葉もあれば、
言えば言うほど本質から離れるような言葉もある。

その言葉が人だけでなく時と場合によっても変わる。



恋しているとき

喧嘩しているとき

コミュニケーションとは、
どんな風に変わって人は関係を築いていくのか。

ネガティブな言葉はその人の一生を閉じ込めてしまったり
鍵をかけてしまうようなパワフルな力さえ持ち得る。

言葉の性質に敏感になると分かること、それは
言葉の本質。

それはいのちの本質とは真逆?

言葉とは人生を拓いていくためにあるもの。
実はブッダこそ実は最高のホメオパスである。

今回の30分もとても興味深く、そしてともに哲学を生きて
今を感じる内容の番組となりました!

どうぞご一緒にじっくりと哲学しながらお楽しみくださいl


**********************************
イベント情報

ハーネマンアカデミー・オブ・ホメオパシー 東京校

一粒の奇跡~公開ミニセッション~ その場であなたのレメディー選びます

 

6月21日(水)10:00~12:00



詳細及びお申し込みはこちらから 

https://hahnemann-academy.com/20170621-minisession/


 
公開日2017/06/18
2017/06/18

人生に魔法をかける言葉のレメディー 〜哲学しながら生きていく〜 【第02回】

番組紹介

必ず道は開かれる!
理解がすべての鍵となるそのきっかけを与えてくれる
森羅万象研究アカデミー学長永松昌泰(ガクチョー)の

人生に魔法をかける言葉のレメディー  ~哲学しながら生きていく~ 

記念すべき第一回目は、アシスタントにホンマル東京駒込局代表の柳井まみが加わり
ガクチョーの思いや、ホメオパシーとは何か?という点に迫る。

哲学を机上の論理に止めるのではなく、
まさに哲学しながら生きるガクチョーの落ち着いた口調に乗せて
言葉のレメディ、お薬が心に染み入る30分。

生きとし生けるものの状態を変えるものとは?

毒にならないものもこの世にはなく
薬にならないものもこの世にない。

ということは、一体何が毒と薬の違いになるのかなるのか?

そんな原理をホメオパシーでは利用し
健康とは何か?病気とは何か?

似たものを処方すると
どうして自分らしくいることができるのか?

そんな今までの医療の常識が通じない、
しかし宇宙の原理原則に基づいたホメオパシー理論を
ガクチョーがわかりやすく解説してくれる。

その原理を聞いているとなんと実は深くて面白くて
一つ一つのレメディが一人一人の物語に呼応するらしい。

アシスタントの柳井まみはホメオパシーも学び
カナダでトレーニングしたナチュロパシーのドクター。

ガクチョーが自分の経験を交えながら
ホメオパシーとナチュロパシーの違いや
その例によって自分の正直な心情とそして
当時自分自身が持っていた偏見を
どのようにして手放したのか、まで赤裸々にお伝えする。

最後には素敵なサプライズが
ガクチョーの大切な人に贈られる。

ホメオパシーとかレメディとかいう単語に
まったく馴染みのない人にもぜひお聞きいただきたい

そもそも人生においての経験をどのように見つめ
どのように対処していくのか

日本ではまだまだ新しい、しかしヨーロッパでは伝統的な方法であり
安全安心、そしてロマンチックな医療であるホメオパシーを通して
人生に魔法をかけてきたガクチョーが哲学を生きる姿、
彼の言葉のレメディがたっぷり詰まったこの30分、

どうぞご一緒にお楽しみください。


*イベント情報*

『プレシャスマミーお助け隊』セミナー【ADHDの向き合い方】

http://purins-cafe.com/report/seminar-20170616

もう一人で悩まないで!!
この機会に、その悩みをみんなで分かちあい、
ベテランの先生たちのアドバイスを受け、解決の糸口をみつけましょう!



【日時】 6月16日(金)
10:00〜12:00



【会場】
東京健康クリニック 
日比谷線「広尾」駅1番出口より徒歩9分 日比谷線/大江戸線「六本木」駅1b出口より徒歩8分



【会費】 2000円(税込)
※終了後講師の先生たちとのランチ会を開催します(希望者のみ)
ランチ代別途(1500円程度) 
*当日会費を集金させていただきます。お釣りのないようご準備ください。
*ランチ会ご希望の方は申込時にお知らせください。



【講師】
喜多 敏明(東京健康クリニック顧問)
榎並    彩子(東京健康クリニック 小児科医)
永松    昌泰(ハーネマンアカデミーオブホメオパシー学長)
永松    幸和(ハーネマンアカデミーオブホメオパシー校長)


詳細、およびお申し込みは以下のリンクから
http://purins-cafe.com/report/seminar-20170616
 
公開日2017/06/11
2017/06/11

人生に魔法をかける言葉のレメディー 〜哲学しながら生きていく〜 【第01回】

pagetop