1. HOME >
  2. 夢を語ろう My Friend【10分番組】 >
  3. 【第340回】夢を語ろうMy Friend は、「間違いだらけ、日本の経済政策!政府が行ってきた公共投資の削減は、デフレ時には最悪の策」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/03/30【PRi愛媛】【第340回】夢を語ろうMy Friend は、「間違いだらけ、日本の経済政策!政府が行ってきた公共投資の削減は、デフレ時には最悪の策」

番組を聴く 一時停止

【第340回】夢を語ろうMy Friend


間違いだらけ、日本の経済政策
こんにちはー
アッパです!
 
今日のテーマは、
政府が行ってきた公共投資の削減は、デフレ時には最悪の策
 
本日は、第3回の放送でテーマにした
「政府が借金をすれば、私たちの資産が増える」
について補足説明をさせていただきます。
 
誰かの借金は、誰かの資産。
 
この原則からしても、
政府の借金を、国民一人一人が背負い、将来世代にその負担を負わせるという話は
財務省の印象操作に他ならない。
 
でもそれを政治家の皆さんに信じ込ませる財務省って
ある意味すごい。
 
どうやら政治家の皆さんは、本当に財務省が怖いらしい。
この話はまた機会があればテーマにしますね。

さて後半では、今日のテーマ
「政府が行ってきた公共投資の削減は、デフレ時には最悪の策」
について話します。
 
これは中野剛志さん著作
「目からウロコが落ちる奇跡の経済教室」
の一節からのご紹介です。
 
中野さんが言うには、
デフレから脱却して、インフレ率2%程度の緩やかな成長を目指すためには、
インフレの時の対策と反対の対策が必要と説いています。
 
その対策の一つである公共投資ですが、
最善の策は、必要なものを造る公共投資
次善の策は、無駄なものでも造る公共投資
無策とは、何もしない
そして最悪の策は、公共投資の削減
だそうです。
 
デフレの時には、政府が公共投資をして
どんどんお金を使わないといけないんですね。
 
でも私はずっと公共投資の削減や構造改革を支持していたなぁ…
ホント目からウロコでした。
皆さんどうですか?
 

今日も本気で話します!!!







<一般社団法人PEACEROAD in EhimeHP>
https://www.peaceroadinehime.com/



パーソナリティ 影浦一夫「アッパー」
公開日 2020/03/30
過去の放送一覧 夢を語ろう My Friend【10分番組】

pagetop