1. HOME >
  2. 人生に魔法をかける言葉のレメディー   〜哲学しながら生きていく〜 >
  3. 人生に魔法をかける言葉のレメディー 〜哲学しながら生きていく〜【第06回】親子経営コンサルタント 大石 吉成 vol.2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/07/16人生に魔法をかける言葉のレメディー 〜哲学しながら生きていく〜【第06回】親子経営コンサルタント 大石 吉成 vol.2

番組を聴く 一時停止

必ず道は開かれる!

人生に魔法をかける言葉のレメディー  ~哲学しながら生きていく~ 

第6回目のゲストも引き続き
親子経営コンサルタント 大石 吉成さん。

前回も二人の文学少年ぶりが漂っていたが
そうやって500回以上も読んだ本から
二人はお互い何を学びそして分かち合ってきたのか?

大石さんは自分自身が父親との間に確執があったこと、
また、自分自身と息子との間に同様に
確執の様なものを抱えていたことに
ようやく気づき愕然する。

そしてそこが自分だけでなく、
社会においてたくさんの人々にとって
悩みどころでもあったことに気づく。

だからこそ、そこに自分の天命を感じた大石さん、
今や親子経営、敏盛と繁栄のプログラム
後継者を社長にする「大石経営塾」塾長としても
活躍される所以でもある。

そして、その文学少年的大人たちは
日比谷教養講座たるものも行っていた時期がある。

教養とは?

人格と結びついた◯◯と◇◇。

それからまた大石さんご自身が
ガクチョーのように500回読める本に自分も出会いたい、
ということでたどり着いた文献は

論語。

孔子によって書かれた歴史的な文献であるが
現代風に言えば、コンサルガイダンス書である。

だからこそ、この教えを取り入れることによって
親子経営万歳!

大石さんの著書の最終章の内容に当たる
素晴らしい結果へと結びつく
太古の叡智を今に活かすコンサル事業へとつながった。

父親は息子を育ててはいけない?

地域として、社会として
後継者を育てていくというのは
どういうことなのか?

歴史の中にある叡智を取り入れ
また
自分自身の挫折経験があったからこそ
生かされる教養がある。

立ち直るのに3年の月日がかかったわけだが
その間にガクチョーと大石さんは出会い、
お互いに挫折経験があったからこそ
深く何かが共鳴して友情が築かれた。

大きな使命があなたにある。

それを体感させられて
自分の器を広げるタイミングが挫折経験であり、
自分の使命遂行へと導かれているプロセス。
だからこそ人生には失敗などありえない。

挫折からの再生とは?

リスナーの皆様、特に
挫折を一度でも経験したことのある方には
特に勇気を与えるような内容となった今回の30分。

ただ、当然ながら
あまりにも濃厚な二人の叡智と教養を受け取るには
まだまだ足りそうもないので
どうやらまた大石さんには来ていただくことになりそうだ。

それではひとまずぜひ、
今回の番組をじっくりとお楽しみください。

【ゲスト情報】

ビジネスイノベーション・サービス株式会社
HP:http://www.innovate-s.com/​

FB:https://www.facebook.com/yoshishige.oishi​



http://urx.mobi/EBRX




**********************
イベント情報などはこちらからご覧ください♪

ハーネマンアカデミーホームページ
https://hahnemann-academy.com/

 

ゲスト名 親子経営コンサルタント 大石 吉成
パーソナリティ 森羅万象研究アカデミー学長(永松昌泰)
いのちの美しさを輝かせるDr.まみ (柳井真美)
アシスタント ホンマルラジオ東京・駒込局代表 柳井まみ
公開日 2017/07/16
過去の放送一覧 人生に魔法をかける言葉のレメディー   〜哲学しながら生きていく〜

pagetop