1. HOME >
  2. 人生に魔法をかける言葉のレメディー 〜哲学しながら生きていく〜 >
  3. 人生に魔法をかける言葉のレメディー 〜哲学しながら生きていく〜【第13回】癌を通して見つめる日本の医療とこれからの私たちの在り方 vol.2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/09/03【東京☆】人生に魔法をかける言葉のレメディー 〜哲学しながら生きていく〜【第13回】癌を通して見つめる日本の医療とこれからの私たちの在り方 vol.2

番組を聴く 一時停止

必ず道は開かれる!
理解がすべての鍵となるそのきっかけを与えてくれる
森羅万象研究アカデミー学長永松昌泰(ガクチョー)の

人生に魔法をかける言葉のレメディー  ~哲学しながら生きていく~ 

第13回目の今回もアシスタントに
ホンマルラジオ東京駒込局代表の柳井まみが加わり
第12回目の放送に引き続き
1000人以上のクライアントとホメオパシーを通して向き合い、
哲学しながら生きるガクチョーの「癌」についての経験や熱い思いが語られる。

いろいろと突き進めて行くと
結局、「癌」=自分自身?

外からやってきた敵なのか?

そもそも内なるものなのか?

一般的な考え方と、本質的な捉え方との違い。

ここでガクチョーが紹介する動画がこちら。

 


 

TED日本語 - ミナ・ビッセル: 癌の新しい理解につながる実験

 

TED 日本語字幕付き動画
乳癌研究者のミナ・ビッセルは、癌細胞はどれもが腫瘍になるのではなく
周囲の環境(微小環境)の送る信号によって腫瘍化が左右されると信じ、
この画期的な考えを証明するための研究を数十年に渡って続け、
この動画の中では癌の増殖に対する定説の間違いを示した二つの実験を提示。

彼女はいったい何を確かめたのか?
グレて不良化した癌細胞。
彼らを更生させることはできるのか?

とても興味深い細胞レベルにおいて
癌について新しい理解を占める科学証明実験だ。

どうやって癌が表現されるのか?

どうして病気になるのか?

癌や病気になることによって
自分と向き合い人生が変わっていく。

いろいろな思いが湧き出す癌という経験。

「僕はできることなら癌で死にたい。」
そんな風に言葉を残した臨床家さえもいる。

癌の本当の意味での治癒とは?

どんどん深く掘り下げられヒートアップした
癌についての第2回目の30分、
どうぞ今回もじっくりお楽しみください。



【パーソナリティ詳細】

ハーネマンアカデミー・オブ・ホメオパシー 学長
日本ホメオパシー振興会代表
GLOBAL WINGS (株)代表

https://hahnemann-academy.com/

http://www.nihon-homeopathy.net/

http://global-wings.co.jp/

フェースブックのお友達申請は、永松昌泰宛にご申請をお願いします。
https://www.facebook.com/masa.nagamatsu.5


著書
ホメオパシー入門他
http://u0u0.net/E2Eg

訳書
ホメオパシー医学哲学講義
http://u0u0.net/E2Eh

ホメオパシーの哲学 病の声を聴く
http://u0u0.net/E2Ei

 


パーソナリティ 森羅万象研究アカデミー学長(永松昌泰)
癒しのDr.まみ (柳井真美)
アシスタント ホンマルラジオ東京・駒込局代表 柳井まみ
公開日 2017/09/03
過去の放送一覧 人生に魔法をかける言葉のレメディー 〜哲学しながら生きていく〜

pagetop