1. HOME >
  2. 人生に魔法をかける言葉のレメディー 〜哲学しながら生きていく〜 >
  3. 人生に魔法をかける言葉のレメディー 〜哲学しながら生きていく〜【第25回】「許し・赦し」とは?(2)音楽を通し国境と記憶を超えひとつになるということ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/12/03【東京☆】人生に魔法をかける言葉のレメディー 〜哲学しながら生きていく〜【第25回】「許し・赦し」とは?(2)音楽を通し国境と記憶を超えひとつになるということ

番組を聴く 一時停止

必ず道は開かれる!
理解がすべての鍵となるそのきっかけを与えてくれる
森羅万象研究アカデミー学長永松昌泰(ガクチョー)の
人生に魔法をかける言葉のレメディー  ~哲学しながら生きていく~ 

第25回目の今回も
ホンマルラジオ東京駒込局代表・柳井真美をアシスタント
哲学しながら生きるガクチョーの
引き続き「許し・赦し」における熱い思いが語られる。

先日もミサイル発射のニュースが公表された北朝鮮。
世間を騒がせるような情報ばかりが耳に入るその国についての
いろいろな憶測やイメージ、特に偏見を私たちは
何らかしらの形で持っているかもしれない。

そんな中ガクチョーが見つけたのが
北朝鮮・平壌で初めてコンサートを行った
米国の名門オーケストラ、
ニューヨーク・フィルハーモニック(NYフィル)のDVD。

一般市民以上に国交問題などにおいての
様々な懸念が飛び交ったこの演奏会。

予想に反してどんな演奏が行われたのか?

アンコールに演奏された朝鮮民謡の代表的歌曲「アリラン」。

その様子を見てガクチョーは、そして
人々は何を感じ、そして考えさせられたのか?

音楽を通して言葉を超えたところで
人々が交流し合った様子を目の当たりにして
あなたは何を考えるだろうか?

今の北朝鮮にあらゆる角度からそっくりな国とは?

当たり前のことが当たり前に見えなくなること。

排他的な傾向に陥りがちな宗教を信仰する人々。

最終的に私たちは何に気づくのか?

本当の「許し」とは一体何なのか?

今日もさらに深く、そしてまた違った角度から
ガクチョーが熱く「許し・赦し」を哲学した密度の濃い30分、
どうぞじっくりとお楽しみください!


【参考情報】

NYフィル・イン・平壌

DVDはこちらから



【パーソナリティ情報詳細】
 
ハーネマンアカデミー・オブ・ホメオパシー 学長
日本ホメオパシー振興会代表
GLOBAL WINGS (株)代表

https://hahnemann-academy.com/

http://www.nihon-homeopathy.net/

http://global-wings.co.jp/

フェースブックのお友達申請は、永松昌泰宛にご申請をお願いします。
https://www.facebook.com/masa.nagamatsu.5

著書
ホメオパシー入門他
http://u0u0.net/E2Eg

訳書
ホメオパシー医学哲学講義
http://u0u0.net/E2Eh

ホメオパシーの哲学 病の声を聴く
http://u0u0.net/E2Ei



 

パーソナリティ 森羅万象研究アカデミー学長(永松昌泰)
癒しのDr.まみ (柳井真美)
公開日 2017/12/03
過去の放送一覧 人生に魔法をかける言葉のレメディー 〜哲学しながら生きていく〜

pagetop