1. HOME >
  2. 〜強盗殺人未遂事件〜被害者小林一成の「日本法曹界に意義あり!」 >
  3. 〜強盗殺人未遂事件〜  被害者 小林一成の『日本法曹界に異議あり!』【真実!其の6】加害者天国、被害者地獄の問題換起!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/03/29【渋谷恵比寿】〜強盗殺人未遂事件〜  被害者 小林一成の『日本法曹界に異議あり!』【真実!其の6】加害者天国、被害者地獄の問題換起!

番組を聴く 一時停止

〜強盗殺人未遂事件〜
 被害者小林一成『日本法曹界に異議あり!』

【凶悪犯罪被害者】小林一成がロックスピリッツで凶悪犯罪被害者支援を推進します!


【真実 其の6】
殺人未遂事件の被害者である小林一成が事件後の加害者と被害者の著しい不条理と法曹界の歪んだ加害者優遇、被害者蹂躙の実態を暴く第6回です。


今回は前回の事件後の【加害者天国、被害者地獄】の実態を更に深く掘り下げ、問題提起していきます。

皆様は加害者が自分の責任である事件の怪我でも、服役中の病気でも、その医療費が無料だということを知っていますか?年間で9億6千万円の医療費は税金です。

一方、被害者は事件の医療費でさえ上限120万円を越えると自己負担になることをご存知ですか?

また、加害者の法廷費用は全て税金で無料ですが、被害者は自己負担で訴訟の印紙代だけで70万円かかることを知っていますか?

現在、アメリカや欧州では、凶悪犯から国民を守るのは国家の義務と考え、加害者を国民から隔離する方針を貫いていますが、日本の法曹界は加害者を早く世間に出して、治安を悪くする方向に進んでいます。
今回はこのような日本の法曹界の理不尽な動きを告発しました!
どうかご聴取ください!


【番組使命】
被害者支援の充実・加害者への厳罰化・法曹界の改革促進を使命にします。

【番組内容】
・自身で体験した事件の全貌
・救急搬送から救命治療までの流れ
・36ヶ所殺傷の重症からの治療とリハビリ
・重度なトラウマとその治療法
・事件後の加害者・弁護士・裁判所から受ける精神的二次被害
・経済的危機
・困難な社会復帰
・裁判に至るまでの裁判所との闘い
・「裁判」という高い壁との闘い
・被害者が裁判に参加できない時代の被害者無念

【伝えたい想い】
・被害者にしか分からない想い
・加害者天国、被害者地獄の実態
・事件発生から被害者はどのような苦難に立ち向かっていかなくてはならないのか?
・被害者支援の充実、加害者への厳罰化の必要性
・具体的な代案の提示


国民の皆様・被害者及びそこ家族、ご遺族・法曹界、警察、他関係者へ
〜もし、自分もしくは大切な方が凶悪犯罪被害者になってしまったらどうなるのか?
そんな気持ちで番組を聴いてください。
懸命な想いを伝えますのでご支援とご協力賜りますようよろしくお願いいたします。


=お問い合わせ・ご支援・ご意見=
小林一成 フェイスブックメッセンジャーまで

https://www.facebook.com/profile.php?id=10002842925283


パーソナリティ 小林一成
公開日 2020/03/29
過去の放送一覧 〜強盗殺人未遂事件〜被害者小林一成の「日本法曹界に意義あり!」

pagetop